hare-collection 丁寧に綴って行きたい娘たちとの日々

15年

10年目から 二人でフレンチをいただくことにした
今年で15年目

体調が思わしくなく
精神的にも辛いことが多く
出かけたくない気持ちだったけれど
過酷な労働の後、着替えてバスに乗って待ち合わせ場所へ
雨はやんで 6月らしい夜だった

c0183011_20051533.jpg
ロビンソンクルーソーかな
流れ着いた先がこんな島だったら
気持ちよく鳴く鳥がやって来ただろうな
白いシャツを木の枝にかけて
夜は星を眺め
ミルクのような砂浜で色々なことを考えたのかな
c0183011_20054063.jpg
海は母のように穏やかで美しく
全ての光をはね返し、揺蕩わせ、揺らめいて
c0183011_20054991.jpg
月さえも眠る夜に
c0183011_20055382.jpg
楽しいおしゃべりが あぶくの中から プカリん プカリん
c0183011_20060105.jpg
帰宅したら
我が家のシェフが「若女将は小学生」と言う本の秘伝のレシピ
黒豆プリンを作って待っていました











by santa-rosa | 2018-07-07 20:10 | おそとごはん